好きな人にしか見せない表情にキュンキュンするなら、ひるなかの流星!

田舎に暮らす女子高生・与謝野すずめは親の海外転勤によって、東京の伯父の家で暮らすことになる。

上京初日、多くの人が行き交う東京で迷子になってしまったところを、怪しげな男に助けられる。

その男は転校先の担任教師・獅子尾だった。だんだんと獅子尾のことが気になり、惹かれはじめていくすずめ。

そして、隣の席の女嫌いで無愛想な馬村とも仲良くなり、距離が縮まっていく。馬村に想いを告げられるすずめ、そんなすずめの恋心は獅子尾に向いていて・・・。

すずめの東京での学生生活は波乱の予感―――。

すずめを巡って火花を散らす獅子尾と馬村が、もう完璧イケメン過ぎてそれだけでも読む価値があるってものです。

獅子尾のオンオフの切り替えのファッションなんて悶絶モノです。教師という立場に悩みつつも、恋心は止められない。すずめを守りながら愛を育んでいく姿にトキメキます。

そして、このお話で最高にキュンキュンするのは、馬村の赤面でしょう。イケメンの完璧ビジュアルの男の子は女子嫌い!かと思いきや、実は、女子に触れると赤面してしまうという体質の持ち主だったというから、もうたまりません。

赤面しながら、一生懸命に自分の気持ちを伝えるために慣れない行動をし、自分にしか見せない表情を浮かべられた日には、もうキュン死してしまいます。

ひるなかの流星にハマった人は、オオカミ少女と黒王子も良いかも!?オオカミ少女と黒王子ネタバレ情報をうまく活用しながら読んでます。

ネタバレ部分を読みすぎると展開が分かってしまって嫌だという方は、あらすじだけでもいいかも??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です