懐かしく新しいガンダムに新鮮な気持ちになった

子供のころからのガンダムファンとしては、やっぱり機動戦士ガンダム THE ORIGIN が、とての懐かしく新しい感じがして、読んでいてもとても楽しいのです。

基本的には初代のガンダムのストーリーなのですが、当時つじつまが合わなかったり、テレビの放送スケジュールに合わせて強引にしていたところなどを、しっかりと説明して納得できる筋道を作ってくれているのがファンとしてもうれしい。

そして登場するモビルスーツも、もともとのオリジナルをベースにしているとはいうものの、もう一度開発当時からの流れに沿って再度デザインされているのが、とてもワクワクさせてくれるのです。

子供のころでは難しすぎた政治的なところ、シャアとララアの出会いなども、しっかりと説明されている上に、アニメの第一話に至るまでの歴史を、シャアの生まれと合わせてオリジナルストーリーを組み込んでいるところは最高です。

なかなか主人公であるアムロやガンダムが登場しないのですが、それは仕方がないと思います。

このまま、Zガンダムや、ZZガンダム、逆襲のシャア、そしてUCガンダムまでの正しいガンダムの歴史を、続けて描いてくれないかなぁ、なんて思っているファンも多いのではないでしょうか?

それぐらいガンダムファンにとってはバイブルとなるべき漫画ですし、期待を裏切らない最高傑作の漫画であったと思います。

今後も多くの最高な漫画が登場してくると思いますが、赤髪の白雪姫とガンダムクラスのストーリーをアニメ化したものにも期待してしまうのは当然でしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です